離煙パイプ
Google

1番から31番まで番号の書いてある31本のパイプから構成されており、1日に1本ずつ、タバコを喫煙する際にパイプを使用する。
パイプにはニコチン摂取量を減らす仕組みが用いられている。番号が大きくなるほどニコチン摂取量を減らすことができ、31番では95%のカットが行える。このため、段階的にニコチン依存を解消することが可能であると謳われている。

各パイプには、ミクロ単位の穴があけられており、吸う際にこの穴から同時に空気を吸い込ませることでニコチン摂取量を減少させる仕組みとなっている。
どの銘柄のタバコでも使用可能であるが、ニコチンの含有量により禁煙まで達成する日数などには違いがある。
(ウィキぺディアから参照しています)電子タバコスーパーシガレットならニコチンなどの有害物質は一切ないので安心♪


Yahoo! JAPAN